滝沢和典 Mリーグにも選出された麻雀界を代表するイケメン雀士

滝沢和典 日本プロ麻雀連盟

この記事では日本プロ麻雀連盟所属の滝沢和典プロを紹介しています。

2018年8月7日に行われた「Mリーグドラフト会議」では、ドラフト2位指名で初代Mリーガーにも選出されたイケメン雀士についてみていきましょう!

スポンサーリンク

滝沢和典プロとは?

滝沢和典プロは「日本プロ麻雀連盟」所属のプロ雀士です。麻雀を初めて覚えたのは中学生の頃。高校生の頃に麻雀プロになることを決意するも両親の理解が得られなかったそうです。

高校を卒業後に音楽の専門学校へ通うために上京。麻雀漬けの毎日を過ごし、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロテストを受験するも不合格に。

その後、荒正義プロの紹介で「日本プロ麻雀連盟」のプロテストを受け、見事合格(16期生)します。

プロ入り後

プロ入り後、”MONDO TV”が企画するTV対局に出演すると、そのイケメンっぷりで一躍注目を浴びます。

2005年には「MONDO TV・モンド王座[第2回]」を獲得、2006年、2007年には「王位[第32・33期]」を連覇とルックスだけの人気ではなく、麻雀の実力もあることを証明しました。

ライバルは佐々木寿人プロ

同じ連盟所属の”攻めダルマ”佐々木寿人プロとは年齢が近いこともあって、よく滝沢和典プロのライバルとして比べられます。

「滝沢和典」とネット検索すると「滝沢和典 佐々木寿人」と出てきますので、相当検索されているのでしょう。ライバルですが、とても仲良しということも有名ですね!

スポンサーリンク

滝沢和典プロの雀風は?

滝沢和典プロの雀風はアナログ寄り。もちろん牌効率なども本人がやろうと思えばこなせるようですが、デジタルだけでは成長がないと自身の著書の中で語っています。

滝沢和典プロの著作本

滝沢和典プロ関連の麻雀戦術本です。

「咲-saki-」の牌譜監修もタッキーが

滝沢プロは人気麻雀アニメ「咲-saki-」の牌譜監修も担当していました。

スポンサーリンク

Mリーガーにも選出!

2018年8月7日に行われた麻雀プロリーグ”Mリーグ(エムリーグ)”の参加選手を決める「Mリーグドラフト会議」で、滝沢和典プロが【EX風林火山】にドラフト2位指名されました!

チームメイトには同じ「日本プロ麻雀連盟」所属の、”卓上の舞姫”二階堂亜樹プロ、”麻雀IQ220”勝又健志プロがいます!

その他「Mリーグ」ドラフト指名選手一覧はこちら

滝沢和典プロの天鳳での成績は?

滝沢和典プロは天鳳の段位戦はプレイしていませんが【天鳳位vs連盟プロ】というイベントの解説者として登場したことがあります。

滝沢和典 プロフィール等

  • 本名:瀧澤 和典(たきざわ かずのり)
    ※漢字のみ相違有
  • 天鳳アカウント:なし
  • タイトル
    「王位[第32・33期]」
    「MONDO TV・モンド王座[第2回]」
    「MONDO TV・モンド杯[第13回]」
    「ロン2チャレンジカップ 優勝[第13回]」
    「野口恭一郎賞棋士部門[第4回]」
    「麻雀フォーラム21 優勝[第1回]」
    「麻雀トライアスロン・雀豪決定戦 優勝[第1回]」
  • 生年月日:1979年12月6日
  • 血液型:B型
  • 職業:プロ雀士(日本プロ麻雀連盟所属[16期生])七段
  • 出身地:新潟県長岡市
  • 出身大学:大学
  • 愛称:タッキー
  • キャッチフレーズ:「越後の奇跡」「麻雀界のタッキー」

滝沢和典プロのTwitter


直接フォローする場合はこちら→

滝沢和典プロ まとめ

  • 滝沢和典プロは「日本プロ麻雀連盟」所属のプロ雀士でMリーガー。
  • 麻雀界のタッキーとして、ルックスに注目されるが麻雀の腕も一級品。

コメント

タイトルとURLをコピーしました