佐々木寿人 獲得タイトル多数!超攻撃的初代Mリーガー!

佐々木寿人 日本プロ麻雀連盟

この記事では日本プロ麻雀連盟[22期生]所属の佐々木寿人プロを紹介しています。

2018年8月7日に行われた「Mリーグドラフト会議」では、”ドラフト1位指名”で初代Mリーガーにも選出。超攻撃型雀士として有名な「麻雀攻めダルマ」についてをみていきましょう!

スポンサーリンク

佐々木寿人プロとは?

佐々木寿人プロ日本プロ麻雀連盟[22期生]所属のプロ雀士です。初めて麻雀を打ったのは高校二年生の頃。中学時代の同級生に誘われたの打ったのが、初めての麻雀とのことです。

その後、大学合格後は雀荘でのアルバイトを開始。プロ雀士になったのは2005年のことで、アマチュア時代も近代麻雀ゴールドでコラムを書くほどの有名人で、フリーで1,000万円稼いだ男として大変な注目を浴びてプロデビューしました。

この1,000万円稼いだというのは非常にインパクトのある話ですが実話で、実際には雀荘での給料をコツコツ貯めたという話のようです。のちにトッププロになる程の実力の持ち主ですから、雀荘での給料も相当残せていたのでしょうね。

プロになった後も攻撃的な華のある麻雀、端正な顔立ち、ストイックな性格からすぐに人気雀士へと駆け上がりました。その人気から麻雀漫画のモデルになったこともあります。

人気だけではなくタイトルも多数獲得しており、2017年には「第7期麻雀グランプリMAX」で優勝し、初のG1タイトルを獲得しました。

佐々木寿人プロの雀風は?

冒頭でも少し書きましたが、佐々木寿人プロの雀風は超攻撃的です。得意な手役は染め手。リーチを多用し場況から有利と見れば、待ちが悪くともガンガンリーチを打っていきます。

「攻撃は最大の防御」という戦略を掲げ、リーチによって相手を下ろし、ツモアガリを狙っていくというのが基本スタイルのようです。

「攻めダルマ」なんてキャッチフレーズが付くほどですが、ルールによってはデジタル的な打ち方に徹することもあるようで、プロとして生き残るために戦術を使い分けているようです。

佐々木寿人プロの著作本

佐々木寿人プロ関連の麻雀戦術本です。

スポンサーリンク

初代Mリーガーにも選出!

2018年8月7日に行われた麻雀プロリーグ”Mリーグ(エムリーグ)”の参加選手を決める「Mリーグドラフト会議」で、佐々木寿人プロが【コナミ麻雀格闘倶楽部】にドラフト1位指名されました!

チームメイトには、同じ日本プロ麻雀連盟所属の「高宮まりプロ」、連盟1期生で師匠&大先輩の「前原雄大プロ」がいます!

スポンサーリンク

ご結婚はされているの?

佐々木寿人プロは2008年に”日本麻雀機構”という団体に所属していた「手塚 紗掬(てずか さぎく)プロ」と結婚されています。お子様も二人いらっしゃるようです。

佐々木寿人プロの天鳳での成績は?

佐々木寿人プロは天鳳段位戦はプレイしていませんが「天鳳位vs.連盟プロ」というイベントには参加されています。

佐々木寿人 プロフィール等

  • 本名:佐々木 寿人(ささき ひさと)
  • 天鳳アカウント:なし
  • タイトル
    「チャンピオンズリーグ [第10期]」
    「モンド杯[第9・11・12・17回]」
    「天空麻雀[第4・5・10・14・19期]」
    「特別昇級リーグ[第3期]」
    「ロン2カップ[2011年]」
    「麻雀グランプリMAX[7期]」
  • 生年月日:1977年1月12日
  • 血液型:O型
  • 職業:プロ雀士(日本プロ麻雀連盟所属[22期生])五段
  • 出身地:宮城県仙台市
  • 出身大学:東北学院大学
  • 趣味:フットサル、自分が出演した麻雀動画を見ること
  • 得意な手役:混一色、清一色
  • キャッチフレーズ:「寡黙なリーチファイター」「無敵のストリートファイター」「麻雀攻めダルマ」

佐々木寿人プロのTwitter


直接フォローする場合はこちら→

佐々木寿人プロ まとめ

  • 佐々木寿人プロは日本プロ麻雀連盟所属のMリーガー。
  • 雀風は超攻撃的。華のある麻雀が魅力。

コメント

タイトルとURLをコピーしました