木原浩一 天鳳最高十段かつ第14期雀王の協会トッププロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、日本プロ麻雀協会 Aリーグ(最高リーグ)所属のプロ雀士で第14期雀王。
天鳳でも最高十段とリアルでもネットでも最高クラスの雀士、木原浩一さんをご紹介しています。
天鳳では「【罪歌】」というID名でプレイされていますが、その由来は?
木原プロの現在までの麻雀人生をみていきましょう!

木原浩一とは?

木原浩一さんは日本プロ麻雀協会に所属しているプロ雀士です。
「D2リーグからAリーグ」まである協会のリーグの中でもトップリーグであるAリーグに所属

同協会の最高峰タイトルである2015年の雀王戦でも優勝し、第14期雀王にもなったことのある正真正銘のトッププロです。

日本プロ麻雀協会には2001年に入会していますが、もともとは”日本プロ麻雀連盟”に所属していたようです。

天鳳では「【罪歌】」というアカウントでプレイされており、最高段位は十段。
レート(R)も最大値がR2394と歴代2位の記録保持者でもあります。(1位は福地誠[bakase]さんのR2396)
※レートについてはネット情報のため参考記録

そんな木原プロはまだプロ雀士からは誰も達成者の出ていない、天鳳位をガチで目指すと公言しているプロの一人。(天鳳位からのプロ雀士は既に誕生済み)

ニコニコでは「現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン」にて天鳳の戦術や麻雀コラムなどを日々更新されています。

天鳳ID名【罪歌】の由来は?

木原さんはアニメ好きで『デュラララ』というアニメの登場人物がアカウント名の由来とのこと。

Twitterアカウント名も[@sonoharasaika]と同アニメの園原 杏里(そのはら あんり)と【罪歌】(さいか)を組み合わせた名前になっていますね。

木原浩一さんの関連商品など

木原プロ関連商品です。

木原浩一さんの天鳳での成績は?

ネットでもリアルでも最高クラスの打ち手木原浩一さんですが、天鳳ではどのような成績を残しているのでしょうか?

まずは下記の画像をご覧下さい。

鳳凰卓5000戦以上安定段位ランキングTOP10

鳳凰卓5000戦以上東南両方の安定段位ランキングTOP10」をご覧頂きました。

怪物揃いのランキングでしたが、ここでは木原プロ「【罪歌】」さんは安定段位8.46で第10位にランクイン。

中でも特筆すべきは1位率(.0291)ですね。
ラス率も高くいわゆる天鳳的な成績ではないのですが、それでもランキング上位に食い込む圧倒的なTOP率です。

このTOP率をランキングでみてみると下記画像のようになります。

鳳凰卓5000戦以上1位率ランキング

「鳳凰卓5000戦以上東南両方の1位率ランキング」をご覧頂きました。

やはり1位ですね。
木原プロの雀風はデジタルかつかなり攻撃的な打ち筋であるため、観戦しているととても楽しいです。

みなさんも是非一度「【罪歌】」の麻雀を観戦して見て下さいね!

木原浩一プロフィール等

  • 本名:木原 浩一(キハラ コウイチ)
  • 生年月日:1972年2月4日
  • 血液型:B型
  • 出身地:北海道
  • 天鳳アカウント:「【罪歌】(最高十段R2394)」
  • タイトル:「第14期雀王」「第8期 最高位戦Classic」「四神降臨2016王座決定戦」
  • 管理WEBサイト:現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
  • 愛称:はげちむ
  • 趣味:アニメ鑑賞
  • キャッチフレーズ:「流氷の紳士」
  • 職業:日本プロ麻雀協会 Aリーグ(最高リーグ)所属のプロ雀士(2001年入会)

木原浩一さんのTwitter

直接フォローする場合はこちら→

木原浩一まとめ

  • 木原 浩一さんは日本プロ麻雀協会所属のトッププロ雀士。
  • アカウント名「【罪歌】」はアニメ『デュラララ』の登場人物が由来。
  • デジタルかつ攻撃的な打ち筋は一見の価値あり。
   
     

スポンサーリンク

             

コメントを残す