天鳳三麻 役有りテンパイ時のリーチ判断 何点の手ならリーチする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、天鳳三麻での役有りテンパイ時のリーチ判断について書いています。
ツモ損ルールの天鳳では役有りテンパイ時、何点の手の時にリーチをかけるのが良いのかをみていきましょう。

「天鳳三麻ツモ損ルールの点数一覧表」を確認する時は下記の記事をご覧下さい。

天鳳 三麻ツモ和了時(ツモ損ルール) 点数一覧表(子/親)

この記事のリーチ判断は基本的に【子目線】で書いていきます。
【親】の場合の判断は、記事の一番最後「親の場合は?」をご覧下さい。

1000点(30符1ハンの手)

まずは1000点の場合。平和のみですね。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+平和」2000点(30符2ハン)
    【+1000点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉「リーチ+平和+ドラ1」の3900点(30符3ハン)
    【+2900点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+平和」2000点[700-1300](20符3ハン)
    【+1000点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+平和+ドラ1」3900点[1300-2600](20符4ハン)
    【+2900点】

自分が子の場合、このような感じですね。
リーチをしても、ほとんど”打点上昇のメリットがない”ことがわかります。

また、自分の手にドラがない以上、
他家からの押し返しを受ける可能性が非常に高いため、ほとんどの場合でダマが有利

1300点(40符1ハンの手)

続いては1300点の場合。門前のタンヤオのみ、役牌のみ手の時です。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+1役(タンヤオ、役牌等)」2600点(40符2ハン)
    【+1300点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ1」5200点(40符3ハン)
    【+3900点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+1役(タンヤオ、役牌等)」3000点[1000-2000](30符3ハン)
    【+1700点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ1」5900点[2000-3900](30符4ハン)
    【+4600点】

先程の平和のみの手よりも、
リーチをすることで”かなり打点上昇が見込めること”がわかります。

状況にもよりますが、リーチの価値は高いと言えます。
そのため、リーチが若干有利

1600点(25符2ハンの手)[七対子]

続いては1600点の場合。七対子のみの手の場合です。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+七対子」3200点(25符3ハン)
    【+1600点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+七対子+ドラ1」6400点(25符4ハン)
    【+4800点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+七対子」4800点[1600-3200](25符4ハン)
    【+3200点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+七対子+ドラ1」6000点[2000-4000](25符5ハン)
    【+4400点】

かなりの打点上昇が見込めますので、リーチ有利と言いたいところですが、
和了率を考えると、ダマ有利となることも多い悩ましい手。
”萬子一・九”、”一枚切れ字牌”など和了やすい待ちの場合はリーチ有利

2000点(30符2ハンの手)

次は、2000点の場合。平和ドラ1等の時です。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+平和+ドラ1等」の3900点(30符3ハン)
    【+1900点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+平和+ドラ2等」の7700点(30符4ハン)
    【+5700点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+平和+ドラ1等」の3900点[1300-2600](20符4ハン)
    【+1900点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+平和+ドラ2等」は6000点[2000-4000](30符5ハン)
    【+4000点】

先程の1300点の手のときと同様に、
リーチをすることでかなりの打点上昇が見込めることがわかります。
そのためリーチが有利

2600点(40符2ハンの手)

次は、2600点の場合です。門前のタンヤオドラ1、役牌ドラ1等の時です。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ1」の5200点(40符3ハン)
    【+2600点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ2」の8000点(40符4ハン)
    【+5400点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ1」の5900点[2000-3900](30符4ハン)
    【+3300点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ2」は6000点[2000-4000](40符4ハン)
    【+3400点】

2600点の手の場合もリーチをすることで、大きな打点上昇が見込めますので、
リーチが有利となります。

3200点(25符3ハンの手)[七対子]

七対子ドラ1で3200点の場合

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+七対子+ドラ1」の6400点(25符4ハン)
    【+3200点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+七対子+ドラ2」の8000点(25符5ハン)
    【+4800点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+七対子+ドラ1」の6000点[2000-4000](25符5ハン)
    【+2800点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+七対子+ドラ2」は9000点[3000-6000](25符6ハン)
    【+5800点】

七対子のみの手(1600点の手)の時と同様に、
かなりの打点上昇が見込めますので、リーチ有利と言いたいところですが、
和了率を考えると、ダマ有利となることも多い悩ましい手。
”萬子一・九”、”一枚切れ字牌”など和了やすい待ちの場合はリーチ有利

3900点(30符3ハンの手)

次は3900点の場合。平和ドラ2等の時。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+平和+ドラ2」7700点(30符4ハン)
    【+3800点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+平和+ドラ3」の8000点(30符5ハン)となり
    【+4100点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈裏ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+平和+ドラ2」6000点[2000-4000](20符5ハン)
    【+2100点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+平和+ドラ3」9000点[3000-6000](20符6ハン)
    【+5100点】

3900点の手については、
リーチによる打点上昇効果が非常に高く、基本にはリーチが有利です。

5200点(40符3ハンの手)

続いては5200点の場合です。門前のタンヤオドラ2、役牌ドラ2等の時です。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈ドラなし時〉
    「リーチ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ2」の8000点
    【+2800点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ3」の8000点(40符5ハン)
    【+2800点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ2」の6000点[2000-4000](30符5ハン)
    【+800点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+1役(タンヤオ、役牌等)+ドラ3」は9000点[3000-6000](30符6ハン)
    【+3800点】

5200点の手は上記の様にリーチをした時の打点上昇割合がかなり低いです。
そのため、基本的にはダマが有利となります。

8000点(4ハンの満貫手)

続いては8000点(4ハンの満貫手)の場合。ダマンガンの時です。

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈ドラなし時〉
    「リーチ+4ハン」の8000点(満貫のまま)
    【±0点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+4ハン+ドラ1」の12000点(跳満)
    【+4000点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+4ハン」の9000点[3000-6000](跳満)
    【+1000点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    [リーチ+ツモ+4ハン+ドラ1」は9000点[3000-6000](跳満)
    【+1000点】

8000点(4ハンの満貫手)については皆さんもご存知の通り、ダマが圧倒的に有利です。

8000点(5ハンの満貫手)

続いては8000点(5ハンの満貫手)の場合

  • リーチをかけてロン和了した場合
    〈ドラなし時〉
    「リーチ+5ハン」12000点(跳満)
    【+4000点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+5ハン+ドラ1」12000点(跳満)
    【+4000点】
  • リーチをかけてツモ和了した場合
    〈ドラなし時〉
    「リーチ+ツモ+5ハン」の9000点[3000-6000](跳満)
    【+1000点】
    〈裏ドラが1枚乗った時〉
    「リーチ+ツモ+5ハン+ドラ1」12000点[4000-8000](倍満)
    【+4000点】

先程と同じダマ満貫ですが、1ハン違うだけでかなりリーチの打点上昇効果が変わってきます。
ただ、リーチをして高打点を逃すことを考えると、基本的にはダマが有利かと思います。

跳満以上

ダマで跳満以上の場合。メンチンなどですが、8000点(5ハンの満貫手)と同様に、
リーチをして高打点を逃すことを考えるとダマが有利となります。

役有りテンパイ時のリーチ判断(一覧表)

ここまでのリーチ判断を一覧表にするとこんな感じです。

リーチ前の点数リーチ判断
1000点(30符1ハンの手)「ダマ」有利
1300点(40符1ハンの手)若干「リーチ」有利
1600点(25符2ハンの手)[七対子]和了やすい待ち時「リーチ」有利
2000点(30符2ハンの手)「リーチ」有利
2600点(40符2ハンの手)「リーチ」有利
3200点(25符3ハンの手)[七対子]和了やすい待ち時「リーチ」有利
3900点(30符3ハンの手)超「リーチ」有利
5200点(40符3ハンの手)「ダマ」有利
8000点(4ハンの満貫手)超「ダマ」有利
8000点(5ハンの満貫手)「ダマ」有利
跳満以上超「ダマ」有利

親の場合は?

ここまでは【子目線】のリーチ判断を書いてきました。
【親】の時はどう変わるでしょうか?

親の場合、リーチをかけることにより下記のメリットがあります。

  • 親連荘の確率が上がる。
  • 子よりも打点上昇の割合が大きい。

【子目線】のリーチ判断に上記、親リーのメリット二点を加味すると、
子ではダマ有利であった「30符1ハン」「40符3ハン」の手でもリーチが有利となります。

親の場合、圧倒的にダマが有利な「4ハンの満貫手」「跳満以上の手」以外は、
ほぼリーチが有利となると考えて良さそうです。

その他、天鳳三麻の関連記事は以下からどうぞ

   
     

スポンサーリンク

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
           

コメントを残す