多井隆晴 RMU代表 初代Mリーガーにも選ばれた”最速最強”のプロ雀士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、RMUの代表を務める多井隆晴プロをご紹介しています。
2018年8月7日に行われた「Mリーグドラフト会議」では
”ドラフト1位指名”で初代Mリーガーとなったトッププロ雀士。
「最速最強」というキャッチフレーズを持つ、カリスマ雀士のこれまでの麻雀人生をみていきましょう!

多井隆晴プロとは?

多井隆晴プロはRMU(リアル・マージャン・ユニット)の代表を務めるプロ雀士です。

5歳の頃に麻雀を始め、10歳のときには牌効率をマスターした麻雀エリート。

15歳の頃には暴走族のリーダーだった過去を持ちます。
”リアル15の夜”ですね(笑)

一部上場企業のサラリーマンからプロ雀士に

その後は、一部上場企業の証券会社に就職、
サラリーマン時代に日本プロ麻雀連盟主催「麻雀マスターズ」で決勝進出。
このことをきっかけにプロ入りを決意し、
1995年「日本プロ麻雀連盟(12期生)」所属の麻雀プロとなりました。

1997年には初タイトルとなる、新人王(第11期)を獲得。
更には2002年には「日本オープン」で優勝。
2005年には「第31期王位」を獲得。

連盟時代にはとにかく”ビッグマウス”であったことから、
雀会のビックマウス】なんてキャッチフレーズもあったようですね(笑)

「日本プロ麻雀連盟」を脱退、RMUを立ち上げ

2006年に「日本プロ麻雀連盟」の不透明さを理由に同連盟を脱退(脱退時は五段)し、
現在は活動していない”日本麻雀機構”という団体に移籍。
その後、2007年に現在代表を努めている「*RMU」を設立します。

「RMU」の立ち上げ時には、土田浩翔プロや河野高志プロといった、
元連盟のAリーガー/タイトルホルダー達も多井プロと同時にプロ連盟を脱退しています。

この多くの有名プロの”プロ連盟脱退”は当時大きな事件となりましたが、
現在でも詳細な脱退理由は判明していないようです。

*RMUとは?

RMUは「Real Mahjong Unit」(リアル・マージャン・ユニット)の略称で、
「真の麻雀プロを作る」という理念のもとに設立された麻雀プロ団体です。

入会してもすぐにプロにはなれず、
まずは「アスリートコース」の会員となり、選手ポイントを貯め、
一定の技量と理論およびマナーや作法が備わったと、
RMUリーグ所属選手を中心とした審議会の過半数が判断することで、
初めてプロライセンスが発行されます。

このプロライセンスにも【B級からSS級】までのランクがあり、
多井隆晴プロは団体にたった一人の【SS級ライセンス】保持者です。

多井隆晴プロの雀風は?

多井隆晴プロの雀風は「最速最強」というキャッチフレーズの通り、
”誰よりも早く、誰よりも高い和了”を目指す、場況重視の門前攻撃型。

「自分はマンガンおじさんだ」と発言されたこともあるようです。

麻雀に必要な能力を全て兼ね備えているといわれるほどオールラウンダーな雀士で、
どんなルールであっても打ち方は変えないと公言しています。

また、相手の状態(調子が良い悪い)を対局時の判断材料に使用したり、
ゲン担ぎをしたりとオカルト的な一面もあるようですね。

多口万棒のモデル?

多井隆晴プロは片山まさゆきさんの「オーラ打ち! 言霊マンボ」の主人公である、
多口万棒”というキャラクターのモデルでもあるそうです。

漫画にまで登場するなんて、さすがはトッププロですね!

ちなみに「オーラ打ち! 言霊マンボ」には、
土田浩翔プロや荒正義プロ等、有名プロをモデルにしたキャラクターも多数登場します。
麻雀ファンにはたまらない作品ですね(笑)

多井隆晴プロの著作本

多井隆晴プロ関連の商品です。

初代Mリーガーにも選出!

2018年8月7日に行われた麻雀プロリーグ”Mリーグ(エムリーグ)”の参加選手を決める
Mリーグドラフト会議」で、
多井隆晴プロが【渋谷ABEMAS】にドラフト1位指名されました!

”最強雀士の一人”と言われている多井プロですので、
指名されるのは当然ですが、1位指名はさすがですね!

これからはMリーグでの活躍も期待しています!

多井隆晴プロの天鳳での成績は?

多井隆晴プロは「天鳳名人戦(第一期から七期)」のみの出場で天鳳段位戦での成績はありません。

天鳳名人戦での成績は
【第一期:7位 第二期:8位 第三期:4位 四期:4位 五期:7位 六期:5位 七期:4位】です。

多井プロはいままで全ての天鳳名人戦に出場されています。
数々のタイトルを獲得している最強雀士の多井プロですが、
なぜか天鳳名人戦だけは結果を残せていません

注目度が高い大会ですので、
いつかは最強プロが”天鳳名人位”を獲得するところもみてみたいものですね!

多井隆晴プロ/プロフィール等

  • 本名:多井隆晴(オオイ タカハル)
  • 天鳳アカウント:「最速最強」※2016/10/25以降対局無し
  • タイトル:「麻雀日本シリーズ優勝(第1,2回)」「RMUリーグ優勝(第1,3,6,8期)」「日本オープン優勝(第1,9回)」「RMUクラウン優勝」「王位(第31期)」「第1回RMU長崎麻雀選手権あじさい記念優勝」「2014GⅢウエスタン優勝」「オープンリーグ優勝(2011,2013)」「クライマックスリーグ優勝(2013,2016前期,2017前期)」「第11期プロ新人王」「RMUアワード 最優秀選手賞(2007,2009,2010,2011,2012,2013)」「RTDマンスリーリーグ2016 優勝」「2016年度四神王座 優勝」「極雀位(第1,2回)」「麻雀の鉄人”挑戦者 ASAPIN ”優勝」「2016年度RMUスプリントカップ アースカップ優勝」「2017年 セガ NET麻雀 MJ Arcade記念大会 優勝」等 他多数
  • 生年月日:1972年3月17日
  • 血液型:B型
  • 職業:プロ雀士(RMU代表[団体最高のSS級ライセンス保持者])
  • 出身地:東京都
  • 趣味:漫画、アニメ、映画鑑賞
  • 755(トークアプリ):「麻雀プロ多井隆晴のトーク☆
  • キャッチフレーズ:「最速最強」

多井隆晴プロTwitter

直接フォローする場合はこちら→

多井隆晴プロまとめ

  • 多井隆晴プロはRMU代表。”最速最強”の麻雀プロ。
  • 獲得タイトル多数。最強雀士議論では必ず名前が上がる雀士の一人。
  • 初代Mリーガーにも選出。これからはMリーグでの活躍も期待される。
   
     

スポンサーリンク

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
           

コメント

  1. 匿名 より:

    多井プロも天鳳では三段の腕前だそうです。(2017麻雀駅伝の解説で本人の説明。当時は三段、現在の段位は不明。)
    正直、全体のメンバーを見てもMリーグはエンタメの域を出ませんね。
    芸能人にグラドルやら麻雀普及には良いかも知れませんが。

  2. 天鳳マニアクラブ管理人 より:

    コメントありがとうございます!

    御本人が仰っていたのですね。
    三段ですか。途中で飽きてヤメてしまった感じですかね。

    Mリーグどうなんでしょうね。
    実力派プロもいますが、人気で選ばれたプロもいますからねー。
    実際に開幕してみないとなんとも言えませんが、
    当サイトとしてはやはりASAPINさんの活躍に期待しています。

コメントを残す