近藤誠一 初代Mリーガーにも選出された 超実力派プロ雀士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、最高位戦日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士、近藤誠一プロをご紹介しています。
2018年8月7日に行われた、
Mリーグドラフト会議」では、ドラフト2位指名で初代Mリーガーにも選出されたベテラン雀士についてみていきましょう!

近藤誠一プロとは?

近藤誠一プロは「最高位戦日本プロ麻雀協会」所属のプロ雀士です。

1997年にプロ雀士となった、近藤誠一プロ。
プロとなってから15年目に同協会の最高峰のタイトルである、最高位を獲得しました。

その後、2015年には再び最高位を獲得しただけではなく、
数々のトッププロが出場した大会で優勝するなど、
「感覚派の最高峰」とも呼ばれる打ち筋でトッププロとしての地位を確立しました。

また、現在も現役バリバリで*Aリーガーとして活躍中です! *2018/9/5現在。

近藤誠一プロの著作本

近藤誠一プロ関連の麻雀戦術本です。

Mリーガーにも選出!

2018年8月7日に行われた麻雀プロリーグ”Mリーグ(エムリーグ)”の参加選手を決める
Mリーグドラフト会議」で、
近藤誠一プロが【セガサミーフェニックス】にドラフト2位指名されました!

チームメイトには「日本プロ麻雀連盟」所属の、
”最速マーメイド”魚谷侑未プロ
同じ「最高位戦日本プロ麻雀協会」所属の、
”天才すぎるオンナ雀士”茅森早香プロがいます!

その他「Mリーグ」ドラフト指名選手一覧はこちら

近藤誠一プロの天鳳での成績は?

今や「最高位戦日本プロ麻雀協会」を代表するトッププロの近藤誠一プロですが、
過去(2009年-2014年頃)には、天鳳をプレイしていた時期がありました。
ID名は「UDNK」「UDNK.2」という名前を使用されていたようです。
”KONDOU”を”UODNOK”と反対にして「O」だけを抜いた感じですかね(笑)

「UDNK」が本アカで最高八段R2265。成績は下記画像参照。

鳳東だけ見ると、
618戦で「TOP率が0.294,ラス率が0.231」とかなり良い成績を残されていました。

「UDNK.3」IDでの天鳳復帰を願います。

近藤誠一プロフィール等

  • 本名:近藤 誠一(こんどう せいいち)
  • 天鳳アカウント:
    「UDNK(最高八段)」※2011年5月最終対局
    「UDNK.2(最高六段)」※2014年5月最終対局
  • タイトル:「最高位[第37・40・41期]」 「モンド王座[第13回]」「モンド名人[第10・11回]」「四神降臨 [2013王座・2015秋陣]」「日刊スポーツ杯スリアロCSGC [2015・2016]」「京都グリーン杯 [2016夏]」
  • 生年月日:1963年8月1日
  • 血液型:A型
  • 職業:プロ雀士(最高位戦日本プロ麻雀協会[第22期])/理事
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 出身大学:静岡大学
  • 愛称:せーさん、せーちゃん
  • 趣味:整理整頓

近藤誠一プロのTwitter


直接フォローする場合はこちら→

近藤誠一プロまとめ

  • 近藤誠一プロは「最高位戦日本プロ麻雀協会」所属のプロ雀士でMリーガー。
  • Mリーグでは、最高位を三度獲得した「感覚派の最高峰」とも呼ばれる打ち筋に注目。
   
     

スポンサーリンク

             

コメントを残す